海辺のたより

明治150周年

今年平成30年(2018年)は、明治維新(1968年)から数えてちょうど150年ということで、全国各地でいろいろな行事が予定されているようです。

 

ここ大磯は、明治の元勲たちが、こぞって別荘を建てたため、今も様々な形で当時の面影を残しています。

 

 

初代首相となった伊藤博文の旧邸宅「滄浪閣」、早稲田大学の創設者である大隈重信の旧別邸、明治時代に外務大臣として不平等条約の改正に辣腕を振るった陸奥宗光の旧別邸「聴漁荘」などがそうです。

 

これらの別荘は、現在民間企業が所有しているため、一般に公開はされていません。また、外から見ると、利用されないためか、老朽化が相当すすんでいるのではないかと思われる建物もあります。

 

政府は昨年、明治150周年事業の一環として、これらの邸宅や敷地の保存、整備に乗り出すことを閣議決定しました。明治期の立憲政治の確立に貢献した先人の業績を残すため、「明治記念大磯邸(仮称)」として整備し、一般に公開する予定だそうです。

 

 それにしても、明治の元勲たちは、どうしてこのように多くの方たちが、大磯に別荘を建てたのでしょうか。もちろん、大磯が風光明媚にして気候温暖、明治半ばに大磯駅が開業し、東京から東海道線で行ける交通の便の良さも大きな要因だったでしょう。

 

 加えて明治の元勲たちは、長州、薩摩を始めとして西国の武士や公家出身が多かったため、偉業を成し遂げた後も故郷への思い断ちがたく、少しでもふるさとに近いここ大磯の地を選んだのではないかいう気がしてなりません。